陰キャラ王子の成長記

結婚は必要なのか

結婚は必要なのか

 

 

属さない勇気で人生を縛る4つのコストが紹介されている。

  • 自動車
  • 結婚
  • 家族

である。

 

結婚は人生を縛る。

結婚の生涯コスト平均は550万円。

家族の生涯コスト平均は6500万円。

 

結婚して子どもを育てることを考えると約7000万円程度のお金が必要になる。

 

なかなかの費用ですね……。

これが幸せと言えるのだろうか。

 

 

結婚しろというプレッシャー

 

「結婚」は多くの人から求められる。

 

父親、母親:「あんたまだ結婚せんの?」というプレッシャー、「あの子はもう結婚したで」という他人との比較。

 

祖父、祖母:「早く孫の顔がみたいな」という親孝行。

 

:「多くの失言」国のために子どもを産めという重圧。

 

親は意味のない他人との比較をしてくる生き物やけど、真に受けたら比較をする人間になって自分の首を絞めるようになる。

うちはうち、よそはよそ、だよね。

 

親孝行のために孫の顔を見せてあげるというのは間違ってる。

親孝行のための結婚と子育てじゃないよね。

結婚と子育ては自分のためにすることだ。

 

社会貢献のための結婚と子育てもいらない。

国からは結婚しろと言う圧力を感じ、義務のようにも感じてしまうけど、さっきも言った通り結婚と子育ては自分のためにすることだ。

 

 

結婚したい

 

わたしには結婚したいという願望がある。

 

 

この願望は他の人との比較が入ってないだろうか。

「みんなやってるから‥‥」

 

わたしは子どものボランティアをする部活動に入るなど、子どもが好きなのだろう。

 

それに素敵な人と結婚して、子どもと一緒に過ごすことができれば満足できそうだ。

結婚相手の妥協はしない。

妥協するぐらいなら結婚などしない。

 

早く結婚と子育てができるような人間になりたい。

結婚で首を絞めないように決して無理はしない。

 

 

結婚は趣味

 

 

「結婚は趣味」というのは良いと思った。

結婚と子育ては義務じゃない。

 

趣味とか自分のためとか言ったら生まれてくる子どもに申し訳ない気持ちというのはある。

良いのか悪いのかは分からないが、楽しいことはある人生を自分の子どもにも経験してほしいという気持ちはある。

 

だが、義務じゃないし、自分を殺してまですることではない。

 

生んでくれた両親には感謝しないといけないな。

 

 

わたしは結婚や子育てという趣味を楽しむことができるように、自分の人生を進んでいきたいと思います!

 

今わたしが退屈から脱するために必要なこと

また少しばかり退屈が顔を出してきた。

 

今わたしが退屈から脱するために必要そうなことを書き出しました。

 

 

 

今わたしが退屈から脱するために必要なこと

 

 

①次のステージのためにすることを進める

 

やるべきことをするということ。

退職に向けての必要な行動をする。

 

プライベートとしてのやることは、

  • 契約している賃貸の退室届を提出する
  • 転出届を提出する
  • 転入届を提出する
  • 家を片付ける
  • 次の仕事を決めておく
  • 派遣サイトに登録する

などが必要になる。

 

少しずつでもやっていこう。

 

 

②人生全てをコンテンツ精神

 

やりたいことをブログに書いてきて、ブログに書くことが思いつかなくなってきた。

やりたいことをする時期が来るまでは、何も書けることが無いのだろうか。

 

人生全てをコンテンツ精神を思い出そう。

本やブログ記事を読むだけで終わってしまっている。

Twitterも再開したいな。

アウトプット前提のインプットの方が効率がいいだろう。

 

 

③最強の情報収集

 

ホリエモンのように情報を浴びまくりたい。

Feedlyをもっと使いこなしたい。

最強の情報収集を学んで、インプットに生かしたい。

質の良いアウトプットのためにはインプットも重要だ。

 

 

④時間を決めて物事を行う

 

本を長時間読もうとする心意気は良いが、途中で意識が飛んでしまう。

人は長い時間を集中することができない。

 

短い時間を決めて物事を行えば、ダラダラすることはない。

締め切り効果で集中して物事に取り組むことができる。

 

 

⑤睡眠、栄養、風呂、片付けなどの基本的なこと

 

超集中術を読んで、基本的なことができていないと実感しました。

基本的なことが難しいんだな。

 

次の日が休みだと睡眠風呂が疎かになってしまう。

基本的なことを一つずつやっていかないといけないな。

 

 

また一つ一つやっていきたいです!

意味のないことをしない

意味のないことをしない

 

 

以前、平均年齢15歳の子どもたち20人弱に、簡単に作成したloTデバイスを用いた電子工作や機械学習、ソフトウェア制作を教えるワークショップを開いたことがある。5年前であれば24歳の学生が修士論文でやるような内容なのだが、たった合計24時間で、誰一人脱落することなくハードウェアやソフトウェアを作れるようになった。つまり当時24歳の人にとっては9年分の時間があっという間にコモディティー化してしまったというわけだ。

 

インターネットの成長スピード恐ろしすぎる。

自分の頑張った9年間がこのようにコモディディー化されたら、辛すぎるな……。

 

この9年間が楽しかったならいいけど、頑張っただけなら意味ないな。

努力は必要ないのかも。

 

意味のないことをしなくていいのは、インターネットのおかげである。

 

 

・事務作業

 

間違えないだけの事務作業なら誰にでもできる。

誰にでもできることで自分の時間を浪費したくない。

 

実際に事務の仕事をしているときは、やりがいを持つことができなかった。

給料チェック、出勤簿チェックなど、Excelで管理できるだろと思っていたが、上司に言う事もなく毎日の作業に追われていた。

社員が送ってきた文章をパソコンに同じように入力する、社員が送る文章をパソコンと連携出来たら事務なんて必要ないと思っていた。

 

事務作業をしないといけないのは人の方が安いから。

 

面白くなくて機械でもできることはやりたくないな。

 

 

・プログラミング

 

会社に縛られず、自由な場所で働くためにプログラミングも一つの選択肢としてあった。

プログラミングのスキルもコモディディー化されていく可能性がある。

 

プログラミングはよく分かりませんが、コードとか難しそうで面白くなさそう。

頑張って極める必要はないと思いました。

 

 

・英語

 

アイフォンの翻訳機能があるから、英語も必要ないかもしれません。

 

ipa-mania.com

 

英語を覚えるために、セブ島留学もありかなと思っていましたが、電話対応とか面白くなさそうな仕事はしたくない。

 

翻訳機能を使いこなしながら、海外を旅をする。

それだけで必要な日常会話を覚えることができそうな気がしています。

 

英語留学などでお金を使ってしまったら、より労働から逃れられなくなってしまう。

お金を使わなくていいものにはお金は使わない。

 

 

我慢して意味のないことはしない。

好きなことをしていきたいです。

 

何かはよく分かっていませんが、ブログを更新して思考をすることを止めたくないですね!

 

旅ブロガーとしてのブルーオーシャン戦略

10年後の仕事図鑑を読みました!

 

 

AIが台頭してきたら、働き方も変わる。

自分のやりたいことに素直になりながら、ブルーオーシャン戦略を考えていきたいと思います!

 

自分のやりたいことはですね。

 

 

旅の価値は上がる

 

旅や旅行の価値は上がっていくと思う。

 

わたしは正社員を辞める。

ブロガーやアフィリエイターなど、フリーランスになったりして、必ずしも会社にしがみつく必要性はなくなった。

 

インターネットで働くことができる限り、会社に縛られる人が少なくなるだろう。

もしベーシックインカムが導入されれば、余暇は増える。

 

余暇が増えれば、TV、漫画、スマホゲームなど競合はたくさんあるが、旅の虜になる人も出てくるだろう。

 

 

旅ブロガーとしてのブルーオーシャン戦略

 

旅ブロガーがレッドオーシャンブルーオーシャンなのかはよく分からないけど、旅サイトはある。

RETRIP、TABIRABO、TABIPPOなど。

 

旅の仕方、持ちもの、場所を紹介するだけなら、レッドオーシャンかもしれない。

 

体験も厳しいかもしれないな‥‥。

 

旅サイトに勝つためには、個人の旅を出していきたい。

わたしが好きな場所を歩き続けていたら、旅サイトに出せない個性は出せるだろう。

 

 

わたしの旅ブロガーとしてのブルーオーシャン戦略

 

  • リゾートバイトをしながら、物価の安い国に行く

 

ブルーオーシャン戦略として考たものではないけど、個性が出るものだと思います。

 

仕事を辞めたいと思っていたときに、リゾートバイトをネットで見つけたときは「これだ!」と思いましたね。

 

仕事を辞めて旅ブログ1本で頑張っている人もいると思うが、自分にはできない。

 

リゾートバイトを2ヶ月程度→物価の安い国1ヶ月を繰り返す。

その経験をブログで発信すればいい。

 

働くことからは逃れることができていないんだけど、1ヶ月物価の安い国でニートになれるのは嬉しい。

 

リゾートバイトをしながら、物価の安い国に行く。

その経験を発信できれば、仕事を辞めたいけど勇気が出ない人に勇気を与えることができるかもしれない。

 

勇気じゃなくて、情報だからね。

こういう道があると分かれば、行動できる。

 

わたしは、一つの道を提示する!

 

教養漫画は最強の情報収集術


www.incharaoji.com

 

またまた、立川まんがぱーくに行ってきたのでアウトプットします。

 

 

教養漫画は最強の情報収集術

 

教養漫画って効率よく情報収集できるんですよね。

本では読む気になれないものも、漫画なら読めてしまう。

絵が入っていて分かりやすいし、まとめられているから短時間でインプットできる。

 

 

立川まんがぱーくでは、教養漫画を5冊読んできました。

 

 

LIFE

 

 

人生で必要になりそうなことを動物の生き方を例に出して教えてくれます。

 

イルカがジャンプをする理由の一つには、古い皮膚を落として泳ぎやすくするためというのがある。

わたしもジャンプして次に進みたいと思いました。

 

www.incharaoji.com

 

前に「余裕がある方がいい」という記事を書きましたが、ミツバチの回に同じようなことが分かりやすく乗っていました。

時間の使い方、難しいですよね‥‥。

 

 

バカは最強の法則

 

 

お金より信用が大事ということが、ようやく腑に落ちてきました。

 

 

1億円より100万人のフォロワーが大事だということが分かりませんでしたが、これから信用経済になるんだなということが分かってきました。

 

「属さない勇気」も読みたくなりました。

 

 

うつヌケ

 

ツレがうつになりまして。」や「漫画で分かる心療内科」や「死ぬくらいなら会社辞めればができない理由」などうつの漫画に手が伸びていますね。

 

うつになったことはありませんが、神様、天国地獄、運命、輪廻、占い、宗教、UFO、都市伝説など信じない冷めた性格でネガティブなのでうつになるかもしれないという恐怖があるんでしょうね。

 

うつヌケは過去と向き合って、次に進むエピソードが何個かありましたね。

わたしはアドラー心理学が好きで、過去を知ったから何なんだと思っていましたが、うつヌケの実体験を読むと過去を知ることも必要なのかなと感じました。

 

過去と向き合うのって辛いんですよね。

過去を知っても人のせいにしなければいい。自分も相手も全て認めればいい。

自分を知らないよりは自分を知っておく方がいいのかもしれませんね。

 

 

もしも悩みがなかったら

 

 

これからも悩美と付き合っていきますよ。

 

 

超集中力

 

 

まずは基本的なところからですね。

食事、睡眠、片付けなどすらできていない。

一つずつやっていくにしても、時間がかかりそうです‥‥。

 

 

まだまだ教養漫画を読みたい欲があるので、読んでいきたいと思います!

 

正社員になれない10の理由

正社員きつい‥‥。

 

ほとんどの人が、当たり前のようにしている正社員という働き方。

 

仕事と言えば、どういうイメージがありますか?

 

わたしのイメージは、

  • 友達と会って、仕事の愚痴を話す。
  • 「仕事辞めたい」とばかり言っている。
  • 過労で自殺する人がいる。

こんな感じですかね。

 

これで、みんなよく仕事を続けているなと思いますね。

当たり前を疑えと言われたら、真っ先に働くことを疑いますね。

 

 

正社員になれない10の理由

 

①週5日、8時間の労働

週5日、8時間の労働って働きすぎだろ。

こんなに労働してたら、自分の好きなことができない。

 

②残業

週5日、8時間の労働でも辛いのに、残業があるって終わってる。

時間を使えば解決するって思わないでよ。

質を重視してほしい。

 

③電車通勤

東京は悲惨でした。

就活のときに、駅員が満員電車の中に乗客を詰め込んでいるのを見たときは衝撃でした。

イライラしながら通勤して、8時間以上も働くなんて凄すぎます。

 

④スーツ

あんな暑苦しいスーツを毎日来ていくなんて凄すぎます。

スーツを着るのは、就活だけで充分です。

スーツを着る仕事に就いたら、アイロンがけやクリーニングなどストレスが溜まりそうです。

 

⑤人事異動

自分の好きなところに住めないなんて、ありえなくないか。

東京や故郷に住みたいのに、よく知らない地方に飛ばされるとか考えられないな。

 

⑥会社の商品を売る

自分を売る仕事なら分かるが、魅力的でないプロダクトを売るなんてしんどすぎる。

よく分からない会社の商品、必要ない保険の商品なんか売る羽目になったら、生きがいを見つけることができない。

 

⑦怒られる

なんで怒られながら仕事を続けないといけないのか。

怒られてもその道のプロになりたいって人ならいいけど、ほとんどいないでしょ。

好きなことをやって、客が付いてくるのが一番いい。

 

⑧結果が反映されない

仕事を早く終わらせることができる人には、さらに仕事が振られる。

テキパキ仕事をして定時で帰るより、ダラダラ仕事をして作業する人のほうが、給料が良くなる。

不条理ですね‥‥。

 

⑨通勤しないといけない

電車通勤じゃ無かったとしても、会社に通勤すること事態が面倒臭い。

好きな場所で好きなことをしていたい。

 

⑩働く時間が決まっている

働く時間ぐらい自分で決めたい。

もうフリーランスになりたいな。

 

 

インターネットがあって誰でもフリーランスになれる時代が来たから、もう我慢できない。

我慢はしない。好きなことをする!

 

ブラックボックス

ブラックボックス

 

インターネットが普及して、誰でも情報発信ができるようになった。

ブラックボックスを無くすことができる可能性も出てきた。

 

政治で隠されていたことは多くあるようだ。

「森友文書の改ざん」、「イラク日報の隠蔽」など。

 

ブラックボックスを無くす手段が出てきたのにもかかわらず、このような状態では国民の不満は高まるばかりだろう。

 

だから、情報発信をして政治のブラックボックスを無くそうとしている音喜多さんの試みは魅力的である。

 

otokitashun.com

 

 

見られないと怠惰、見られるとストレス

 

見られないと怠惰

人間は人に見られないと怠惰になってしまう生き物だろう。

仕事をしていても一人になれば、すぐにダレてきてしまう。

一人暮らしをしていて自宅にいるときも、人がいるところでは見せないぐらいダラダラしている。

怠けないために、人に見られることは必要かもしれない。

エンゼルバンクで桜木が見られていない政治家になって社会を変えることができるのかと言っていた。

 

 

www.incharaoji.com

 

 

見られるとストレス

見られないと怠惰になってしまうが、見られるとストレスになってしまう。

親のために保育園に監視カメラをつけているところがあったが、ずっと見られているかもしれない保育園で先生のストレスはどのくらいだろうか。

 

見られないと怠惰、見られるとストレスになる問題はどうしたらいいんだろうな。

 

 

全て本当のことを言うこと

 

わたしは一つのミスをしてしまい、それを白状した。

思い返してみれば、失敗を隠した経験はある。

それを全て伝えるとなると、とてもしんどくなりそうだ。

失敗に寛容な社会になったらいいな‥‥。

 

全て本当のことを言う必要はない。

優しい嘘、楽しい嘘、自分を守るための嘘。

 

サンタクロース - Wikipedia

エイプリルフール - Wikipedia

 

本当のことを言っても、他の人を困らせる結果になるかもしれない。

  • 心理カウンセラーに今までの罪を白状する
  • 子どもの頃に犯罪を犯したことを彼女に言う
  • 相手の気持ちを考えずに告白する

 

 

でも吐き出したいんだよね。

自分の中だけで溜めておくなんて無理。

 

そのためにブログがあるじゃんか。

もう少し深いことも書けるようになりたい。

 

www.incharaoji.com

 

 

 

色々書いてきたけど、政治のブラックボックスがいいと言っているわけではない。

 

政治などの難しいことも一般の方でも分かるようになればいいですね。