陰キャラ王子の成長記

消費をすれば、労働から逃れられない

sibu2.com

 

 f:id:sugarsong:20170914201532j:image

 

消費をすれば、労働から逃れられない。

 

物を消費するには、お金が必要。

 

1000円の夕飯を食べる→1000円のお金を払う。

2000円の服を購入する→2000円のお金を払う。

3000円の靴を購入する→3000円のお金を払う。

 

これはその通りである。

 

 

お金を得るには、労働が必要。

 

あなたが1時間1000円の仕事をしているとする。

 

1000円のお金を得る→1時間の労働をする。

 

2000円のお金を得る→2時間の労働をする。

 

3000円のお金を得る→3時間の労働をする。

 

これもその通りである。

 

 

ということは!!

 

1000円の夕飯を食べる→1時間の労働をする。

 

2000円の服を購入する→2時間の労働をする。

 

3000円の靴を購入する→3時間の労働をする。

 

ということになる!!

 

 

物を消費するときに、「お金を払う」という考え方だと躊躇なくお金を使ってしまう。

 

でも、物を消費するときに、「これを購入することによって何時間働かないといけないか?」という風に考えたら、必要ないものは買わないと思うんだ。

 

 

 

わたしの消費は、何時間分の労働か?

 

わたしが1ヶ月で消費しているお金は、何時間分の労働になるのか計算します!

 

家賃6万5千円→65時間の労働=8日と1時間の労働

 

通信費1万5千円→15時間の労働=1日と7時間の労働

 

食費5万円→50時間の労働=6日と2時間の労働

 

光熱費5000円→5時間の労働

 

娯楽費3万円→30時間の労働=3日と6時間の労働

 

 

合計165時間の労働=20日と5時間の労働

 

はい、ほぼ貯まりません。

 

てか、家賃のために8日も働いてるとか、家主は搾取しすぎやろ。

 

労働から逃れられない人間の出来上がりです。

 

 

 どうすればいい?

 

この状況を逃れるためには、「収入を増やす」と「支出を減らす」必要性があります。

 

ここでは、比較的簡単にできる「支出を減らす」について考えていきます。

 

 

支出を減らすには?

 

①「ミニマム・ライフコスト」を考える

今度、じっくり考えたいと思います!

 

②お金の掛からない趣味を楽しむ。

・ブログ

Twitter

・テレビ

YouTube

・ウォーキング

・昼寝

基本、家の中にいれば、イイね!

 

 徹底的に厳選してお金を使い、労働から逃れましょう!

 

目指せ自由!!