陰キャラ王子の成長記

自分の人生をゲーム化する

休日は暇で何もすることがない…。

 

そう思っている自分がいました。

 

仕事の方がやるべきこともあってイキイキしている。

仕事を辞めて自由に生きたいのに、これではいけません。

 

仕事の方が休日よりもイキイキする理由を考えてみました。

 

 

 

仕事がイキイキする理由5選

 

 

①社会貢献できる

自分のやったことがお客様を喜ばせる。

それはとても嬉しいことです。

 

②お金がもらえる

やるべき仕事を1ヵ月頑張れば、給料として支払われる。

報酬がもらえることは、とても嬉しい。

 

③成長できる

仕事を頑張れば、自分の成長につながることがある。

目標を達成して、自己成長を感じることができれば楽しいです。

 

④居場所がある

自分のやるべき仕事がある。他の社員とチームワークで作り上げる。

その一員として活躍できることは、所属欲求を満たしてくれる。

 

⑤制限時間がある

9時に出社したり、10時の会議に出席したりする。

会議のために書類を完成させたり、18時の定時までに仕事を終わらせようとする。

それは、ゲームの制限時間のようで、楽しい1つのように感じる。

 

 

わたしは休日が暇だと思っているので、仕事のイキイキする部分を自分の人生に取り入れていきたいと思います。

 

 

自分の人生をゲーム化する

 

わたしは人生を楽しくするために人生をゲーム化したいと思っています。

 

仕事がある程度楽しいのは、ゲームの要素があるからだと思います。

仕事が楽しくて、休日が楽しくない理由を少し考えます。

 

 

①仕事が楽しいのは、ゲームをしているから。

休日が楽しくないのは、ゲームをしなくてもいいから。

 

休日を楽しくするためには、ゲームを始めなくてはいけないと思っています。

 

だから、休日にやりたいことを義務的にすることも必要になってくると思います。

 

 

②仕事が楽しいのは、制限時間があるから。

休日が楽しくないのは、制限時間が無限だから。

 

休日に時間が有り余っていても、制限時間を設けることは重要だなと思います。

 

 

③仕事が楽しいのは、辛くて難しいから。

休日が楽しくないのは、自分を甘やかすから。

 

休日でも自分に負荷を与えることは重要だと思います。

 

 

わたしも休日にやりたいことを義務的にする、制限時間を設ける、負荷を与えることを実践していきたいと思います。

 

 

わたしはブログを頑張りたいと思っているので、休日に義務的にでも更新したいと思います。

制限時間が無いと、いつまでもやってしまいダラダラになるので、1記事にかける時間を1時間や1時間半などにするなど制限時間も設けていきたいです。

そして負荷を与えるために1記事1000字以上書くなどの目標を掲げてやりたいです。

 

自分に厳しくすると辛くなって続けられなくなるか?

 

続けるために甘くしすぎても、ゲームの1面をずっとやってるみたいで面白みがない。

 

自分の力量を理解して、適度に負荷を与えるのがちょうどいい。

 

 

自分の人生にゲームの要素を取り入れると面白そうです。