陰キャラ王子の成長記

どうしたって一人は寂しいもの

一人は寂しい?

 

あなたは一人は寂しいと思いますか?

 

わたしは学生のころは、よく一人で過ごしていて寂しいと思っていました。

 

中学生のころは休み時間になれば、毎回トイレを済ませていました。

 

トイレでタバコを吸っているヤンキーたちに付けられたあだ名は「トイレの守り神」です笑

 

 

社会人になれば、一人でいることに寂しさは感じなくなってきました。

 

学生と違って、周りも一人で歩いている人が多いし、知らない人ばかりだから。

 

職場でも周りは大人なので、問題なしです。

 

何しろ学生のころに培った孤独歴16年は無駄じゃなかったってことですね笑

 

 

大人なのに寂しがりだなと思った経験がある

 

わたしも一人は寂しかったですが、それを何とかやってきたので、大人なのに寂しがりだなと思ってしまうことがあります。

 

高齢者がデイサービスに通うこと

高齢者がデイサービスに通うことがあります。

もちろん、健康でなくデイサービスに通わなければいけない方もいます。

歩ける方で、デイサービスに通う方もたくさんいます。

わたしは高齢者になっても、デイサービスに通いたいとは思いません。

家で好きなことをしたいと思っています。

人は高齢者になっても、いつまでも寂しがりなんだなと思っていました。

 

・地元が大好きな人

友達がたくさんいる地元が大好きで地元でずっと暮らす人がいます。

わたしは、たくさんの土地に住みたいと思っているので、あまり理解ができません。

大学生のころに何となく読んだ地元が大好きなマイルドヤンキーの本を読みましたが、全然理解はできませんでした。

そんな人もいるんだなぁと思っていました。

 

 

コミュニティは重要

 

わたしは学生のころ、一人で過ごして寂しい思いをしていたのに、それを乗り越えてきたので、寂しがりの人を見ると寂しがりだなと思ってしまっていました。

 

わたしが一人の寂しさを知っているはずなのに、これではいけません。

 

学生のころは、一人で過ごしていて不登校になる学生もいましたが、わたしが不登校にならなかったのは、部活などに所属していたからだと思います。

 

小学生・中学生・高校生:サッカー部

大学生:ボランティアの部活を数カ所、フットサル、セパタクロー

 

好きなことを見つけて、そこに仲間がいるのはとてもいいです。

 

 

新たなコミュニティを探します

 

わたしが社会人になってからのコミュニティは会社だけになっていました。

 

ボランティアをしてみたり、社会人サークルを探してみたりしましたが、結局、会社だけになってしまっています。

 

わたしがコミュニティの重要さを再確認できたのは、会社を退職することを考えているから。

 

会社を退職することを考えたら、自分の居場所はどこになるのか分からなくなったんですね。

 

会社で働いていたから、何とかなっていた。

 

一人が大丈夫だと思っていても、心の中は全然大丈夫じゃなかった。

 

新たなコミュニティを探します。

 

 

自分が繋がりたいコミュニティの探し方ってよく分からないんですよね。

 

ブロガーのオンラインサロンに入ってみたので、まずはそれを使いこなしたいと思います。

 

一人が寂しいと思っている人のためにも、コミュニティの属し方を発信できるようになりたいです。

 

会社以外の素敵なコミュニティを見つけることができれば、嫌な会社を辞めることができると考えています。

 

そうすれば、過労死や過労自殺は無くなります。

 

皆さんで素敵なコミュニティに属して、ブラック企業を潰しましょう笑

 

 

一人は寂しい。素敵な人との出会いが人生を素敵にする。