陰キャラ王子の成長記

辛い仕事をしたから、イージーに感じる

変化すると、どんな辛いことが起こるだろう。

 

仕事が辛くなったら、辛かったことを思い出そう。

 

 

ラーメン屋でのアルバイト

 

タウンワークの1ページ目にラーメン屋のアルバイトを募集していました。

 

まかないも出るとのことで、応募しました。

 

アルバイトを始めた大学1回生の頃は、自分がラーメン好きだということに自覚はありませんでしたが、今ではラーメン巡りをするほどのラーメン好きだということに気づきましたが。 

 

それで、ラーメン屋のアルバイトを始めたのだと思います。

 

 

アルバイトを始めたのはいいものの、店長の怒号が飛び交っていました。

 

アルバイトをする前に客として、下見をしておいた方がいいですね。

 

タウンワークの1ページ目なんて、人手不足だからに決まっているのに何で気づかなかったんだろう‥‥。

 

怒られながら仕事をしたり、忙しい2時間だけ皿洗いのシフトを入れられたり、アルバイトをしている意味が見出せませんでした。

 

2ヶ月程度でアルバイトを辞めたいと申し出ましたね。

 

記憶はほとんどありませんが、胸ぐらを掴まれながら怒られました。

 

 

この辛い経験は、就職活動で活きたと思います。

 

仕事の意味を見出せる介護職を選びましたし、下見をしました。

 

 

正社員

 

社会人になり、正社員となりました。

 

最初は、やりたいと思っていた仕事ができていましたが、人手不足の場所に配属されることとなりました。

 

また、仕事をしている意味を見いだせなくなりました。

この仕事は誰でもできるのではないか。

 

嫌いな電話やマルチタスクも多く、仕事が全然進みませんでした。

 

振り返って見ると、何を血迷っているのかと思いますが、月30時間程度のサービス残業と休日出勤と会社で寝ることも何回かありました。

 

仕事が進まなくて申し訳ないとおもってしまうんですね。

 

この先、辛いことがあったら、この辛いことを思い出して頑張ろう。

 

胸ぐらを掴まれて怒鳴られることと、タダ働きをすること以上の辛い経験は無いと信じたい。

 

 

社会人として生きているうちに、自分のやりたいことが見えてきました。

 

正社員としての働き方に違和感があることに気づきました。

 

ブログを書いて正社員として雇われずに働いている人がいること。

 

会社に雇われずに生きていく方法もあるんだと気づくことができました。

 

 

もちろん、ブログを書いて生きていけるほど、自分に才能もないし、努力もできない人間なので、自分が正社員として縛られずに働く方法を探しました。

 

東京で家賃を払わずに、リゾートバイトをした方が貯金を貯めることができること。

 

結婚や子どもを急がないこと。

無理してしないこと。

 

失うことはあるかもしれませんが、好きな旅もできるし、考えた中では一番いいかなと思っています。

 

 

成功した人って、生きてきた全てのことに感謝してるじゃないですか。

 

自分も辛い経験を無理にはしなくていいが、結果的にした辛い経験に感謝できるようになりたいです!