陰キャラ王子の成長記

旅は消費

旅は消費。

 

所詮、旅行は娯楽。

 

旅したからって何が変わるんだ。

 

旅をしたからって自分が見つかるわけじゃないし、成長できるわけでもない。

 

旅をなぜする?

 

成長を求めるというよりかは、楽しいというだけの理由でもいい。

 

 

旅を生産活動にする

 

以前に小田原と箱根に行きました。

 

小田原では小田原城に行き、箱根では温泉に入ると楽しかったですが、それだけでは物足りない感がありました。

 

それでも、スマホで写真を撮りながら、旅行をしたことをブログに書くんだと思っていれば、旅行+ブログネタになり、旅行の充実度が一つ増えるんですね。

 

旅は消費だが、生産にもしていきたい。

 

 

京都に行く

 

リゾートバイトをしながら、その合間に京都と沖縄には行きたいなと思っていましたが、京都に行くのは3連休でもいけるなと思ってしまいました。

 

日本は京都と沖縄を旅行したら、もう満足してしまいそう。

 

もっと深く見てみたら、良いところはたくさんあるんだろうけど、もういいかなという感じ。

 

海外は、上海、オーストラリア、スペイン、アメリカなどなど行ってみたい場所はたくさんある。

 

だけど、行ってみたら満足するかもしれないし、行ったから何なのかよく分からない。

 

もちろん楽しいというのはあるけど‥‥。

 

 

旅をするときは、楽しむことと、何かを得ることは分ける方がいいと思っているけど、何かを得たいならただ消費するだけではいけない。

 

ただ世界遺産や場所を見るだけでは何も変わらないだろう。

 

楽しむことはできるが、旅を消費だけにしない方法を考えていきたい。

 

①ブログを書く

ブログを書いて、旅を生産活動に変える。

読まれなければ自己満足になりそうだが、頭の中がまとまるので良い試みに思う。

 

②現地の人と関わる

現地の人と関わらず、ただ放浪していても得るものは少ない。

世界の人との繋がり方は良く分かっていないけど、一人旅に馴れたらどこかで人と接することができるようになりたい。

 

③長く住む

わたしはタイに1ヶ月住もうと思っている。

働きながらの短い休みで海外に行こうとしても得るものは少ない。

長く住むことで、得ることも増える。

実際に暮らして、現地の生活を味わってみたい。

 

 

なぜ旅をしたいのかは、旅したいからで人生を生きてるからには、やってみたいというのはある。

 

旅は娯楽で何かを得るためには、考えて旅をしないといけない。

 

楽しむ旅、成長の旅、使い分けて楽しんでいきたいと思いました!