陰キャラ王子の成長記

オンとオフを使い分けてしまう

仕事をすることに拒否反応が出てるんじゃないだろうか。

 

休日は、仕事のことを考えたくないですね。

 

オンとオフを使い分けているんでしょうね。

 

仕事が好きな人は、オンとオフなんて無いといいますが、わたしには無理ですね。

 

休日が好き。

 

 

東京03のネタが見れない

 

見てしまったら面白いんだけど、なかなか見る気になれない。

ネタ番組を録画していても、東京03がスーツを着ていたら、早送りで飛ばしてしまいます。

 

角田さんが、企画会議で意見を否定された後に「そうですよね〜」と言って人に合わせていたり、同期会で部下を愚痴った後に「いや違うんですよ」、「分かってるんですけど」と言っていたり、人のできないところがリアルで自分と照らし合わせてしまって、仕事のことを思い出して笑えないことがあります。

 

仕事のことを考えるのは、平日の家を出る1時間前ぐらいがいいですね。

 

 

入社1年目の教科書

 

入社1年目のときは、「入社1年目の教科書」が目にとまり気になりました。

 

 

この本を買って社会人を勉強しようと思いましたが、なかなか購入まではいけませんでした。

 

気になるけど、休日を使ってまで読みたくない。

 

給料が出るなら読むけど‥‥。

 

「入社1年目の教科書」を読むのは、休日に家で仕事をしてる感覚なんですよね。

 

 

オンとオフを使い分ける

 

仕事が好きな人、仕事を仕事だと思ってない人は、オンとオフなんて使い分けない、オンとオフを使い分ける人は仕事が好きじゃない人だというのを聞きますが、その通りですね。

 

仕事を好きになれる人が羨ましく、自分にはとても難しく見えます。

 

オンとオフを使い分けないくらい好きな仕事をするには、休日に普通にしてることでお金を稼ぐことだと思いました。

 

家でダラダラ、テレビ、youtube、音楽鑑賞、漫画、ゲーム、旅行など。

 

休日にしてることは、消費ばかりで仕事にはなりません。

仕事になるほど真剣に消費もしていません。

 

今、生産活動になりそうなのは、ブログですね。

平日の仕事後は、疲れていてブログを書くことより簡単なテレビを見たりしていますが、休日だと暇を持て余し、ブログを書きたくなるときがあります。

 

休日にブログを書きたくなるということは、ブログは仕事だと思ってないということ。

 

お金にならず、仕事になっていなくても、2ヶ月毎日更新できて、思考が深まることだけを楽しめている。

 

生産活動でも楽しめるものはあるんだな。

 

オンとオフは使い分けてもいいんですが、一度きりの人生なので、オンもオフも好きなことをしたいですね!