陰キャラ王子の成長記

派遣バイトの楽しさ

大学生のときに派遣で色々な経験をしたので、まとめてみたいと思います。

 

 

ラーメン屋でのアルバイト

 

派遣をやる前は、ラーメン屋でアルバイトをしました。

 

タウンワークを見て、まかないに釣られたのだと思います。

 

実際に始めてみると店長がすぐに怒る人で、2ヶ月で辞めてしまいました。

 

この経験があったから、同じ職場で働き続けるのは難しいと思うようになったのだと思います。

 

 

派遣を始める

 

ラーメン屋でのアルバイトを挫折してから、派遣で1日のみ働くことを知るようになりました。

 

もし怒鳴られたとしても1日我慢すればいい。

 

通い続けなくてもいいというのはとても魅力的でした。

 

大学生のときは、派遣でアルバイトをするようになりました。

 

 

色々やった

 

①野菜

キャベツの汚いところを破ったりした。

 

②弁当工場

おかずごとに分かれて盛り付けていった。

流れてくる皿に変な姿勢で長時間ずっと盛り付けていくのは苦痛だった。

 

③荷物をトラックに乗せる

3時間程度で、荷物を大きなトラックに乗せた。

力仕事だったが、いい運動になった。

 

④自販機手伝い

横乗りでタバコを吸われるのは辛い。

タバコは苦痛だ。

 

⑤引越し

引越しはしんどかった思い出がある。

 

⑥夜勤パネル工場

夜勤はできないと気づいた。

立ちながら寝てた。

 

⑦サッカーイベント

サッカーが好きということもあり、楽しかった。

チケットをもぎり続けたり、声を出し続けたり、よくやってたな。

 

⑧イベント設営

人が多いと、上手く使えてないこともあり、楽だった。

 

⑨警備

意外と休憩を多くもらえて楽しかった。

車の誘導は怖い。

 

⑩ショッピングモール設営

利用している綺麗なショッピングモールの地下が汚くてびっくりした。

これが働くということかと思った。

 

 

ラーメン屋で上手くいってたら、アルバイトはラーメン屋でしかできなかったかもしれない。

 

一つのことを続けると得るものもあると思うが、わたしは色々と経験ができてよかった。

 

ずっと続けていると飽きてくる。

 

同じ仕事で小さく変化するのもいいかもしれないが、わたしは大きな変化をしてみたい。

 

わたしが今求めている旅を実現させたら飽きるのだろうか。

 

旅は違う欲望のすり替えなのか。

 

進んでいく過程で進む道をアップデートしていきたい。

 

楽しいことをやっていきたいと思います!