陰キャラ王子の成長記

責任感がない

責任感って必要か。

 

責任感を持ってやることは重要そうだけど、潰れてしまえば元も子もない。

 

仕事を長い期間やり遂げ、職場で上の立場に立つと、責任がのしかかる。

 

派遣など、短い期間で終わらすことができれば、責任感は少ない。

 

わたしも短期のリゾートバイトで働きたいと考えていたり、責任はミニマムにしたいと思っている。

 

責任感って辛いことでもやり遂げるニュアンスがあるような気がしている。

 

好きなことをしていれば、責任感なんて考えることなく結果を出せるかな。

 

責任感なんて考えたくないな。

 

 

子どもを育てる

 

わたしは子どもを育てたいと思っている。

 

子どもを育てることができるように早く成長したい。

 

当たり前だが、子どもを育てるのを途中で投げ出してはいけない。

 

何もしなければ子どもは死んでしまう。

 

だが、子どもを最後まで育てるのは難しいことだと思うし、自信がない。

 

やりたいことでも責任感は必要かもしれない。

 

 

わたしは短期のアルバイトして、責任を負うことを少なくしたいと思っている。

 

責任から逃げ続けると、いざとなったときに対応できないのではないか。

 

今、漫画の悪の華を読んでいるが、子どもが犯罪に手を染めてしまったら、上手く対処できるだろうか。

 

 

バレないようにと隠したりしないだろうか。

 

最後まで子育てできる自信がつくまで、手は出せないな。

 

 

滲み出る

 

大学生のときは教職課程を受講していたが、教師を目指さなくて良かったな。

 

教師になっていたら、絶対に鬱になっている。

 

教師を志す人はすごいなと思うし、わたしには合っていない仕事だと思う。

 

人間性が出るんだろうな。

 

生徒のいじめとか、些細な問題を見ないふりしてしまいそう。

 

生徒に悪影響を与えてしまう。

 

 

責任感とか人間性が出来ている人は、そういうのが滲み出ている。

 

逃げ続けたら、そういうオーラが出てしまうんだろうな。

 

そういうのが些細な行動に表れる。

 

人生の縮図。

 

 

まぁ、嫌なことなら責任感はなるべく受けない。

 

好きなことややりたいことなら、頑張ってみる。

 

逃げてもいいけど、今の自分には逃げない方が大切かもしれない。

 

人から言われたことじゃなくて、自分で決めたこと。

 

自分で決めたことなら頑張りたい。

 

自分で決めたことに見えて、世間が求めていることだったり、やらなきゃいけないことだったりもある。

 

何にも囚われずに、好きなことをしてみたいものです。

 

でも責任感がない方へ進んでいきます。