陰キャラ王子の成長記

結果が大事なのか、過程が大事なのか

結果が大事なのか?

過程が大事なのか?

 

結果良ければ、全て良くなる

 

結果が良ければ、全てが良かったように思えてくる。

 

オリンピックで金メダルを取った選手は、家族に感謝している。

 

辛いことがあったとしても、全て意味があったと思えそうだ。

 

 

辛いことはしたくない

 

辛いことはしたくない。

 

辛いことを耐え忍び成功できたとしても、長い時間耐え忍ばないといけない。

 

結果が出れば全て良くなるかもしれないが、結果が出る人間は一握り。

 

努力すれば報われるというのは、報われている人が取り上げられるから目立つだけで、たくさん報われない人がいることを知らないといけない。

 

やっぱり、好きなことをやるのが一番いいな。

 

 

好きなことをしてたい

 

出来るだけ長い時間好きなことをしていたい。

 

もし結果が出ないとしても、長い過程の中で楽しめたら成功ではないだろうか。

 

 

求めるものを目標達成か好きなことをするのかで変わってくるかもしれないけど、今のわたしは出来るだけ好きなことをするのが、成功だ。

 

それまでに苦しいことは一つもやりたくない。

 

そこにある楽しいこと一つ一つを大切にしていきたい。

 

好きなことを選んでいって、他の人がしんどいことでも自分は好きに出来ること。

 

それを長い時間費やして、伸ばすというやり方がいいかな。

 

好きこそものの上手なれ。

 

結果が出なくても道のりが楽しけりゃいいじゃないか。

 

わたしは過程を重要視する。

 

 

旅をすること

 

わたしは旅をしたいと思っている。

 

旅をすることは、もしかしたら違う欲求のすり替えじゃないかと思った。

 

でもやってみないと分からない。

 

それに旅をする理由は楽しそうだからだけでいい。

 

それで成長を求めている自分もいるけど、重要視はしない。

 

一度きりの人生、たくさんの世界を見たい。

それだけでいい。

 

目標達成や成長を求めると本当に好きでやりたいことができなくなると思う。

 

「好きなことをしたい」、これだけ。

 

難しいかもしれないけど、この欲望に忠実になっていきたい。

 

わがままに見えるかもしれないけど、好きにやることを許していく。

 

過程を大切にするということは、今を大切にすることだと思う。

 

今を大切にして、自分と向き合って、そのときにやりたいことに忠実になる。

 

考えるだけで楽しそうです。

 

自分の欲望に忠実になりたいと思います!