陰キャラ王子の成長記

相談しよう

自分だけで考ると視野が狭くなってしまう。

 

また会社だけで考えても視野が狭い。

 

労働相談情報センターに行ってきた。

 

東京都労働相談情報センター

 

 

環境に左右される

 

あなたのコミュニティが会社のみとする。

その会社の考え方に染まってしまう。

 

働くのが初めてなら、変な会社でも普通と思ってしまう。

 

何個かのコミュニティを持つことは重要だ。

また、転職を何回かしていれば、違うところを比べることもできるのでいいかもしれない。

 

今の日本の当たり前は、昔の日本の当たり前ではない。

日本の当たり前は、世界の当たり前ではない。

 

全然違う。

何が正解なんて分からない。

 

自分が良いと思うことを信じるのみ。

 

世界の暮らしの方がいいと思えば、移住したい。

この制度が良いと思えば、声を上げる。

 

自分の好きな環境に所属しよう。

 

 

相談したら世界変わった

 

一人で考えていたときは、有給を諦めようと思っていた。

退職を話し合おうと思っていた。

 

ですが、相談して書類を提出しようと思ったし、有給も申請しようと思った。

 

まだ、自分の気持ちを殺していることが分かった。

話を聞いていると、労働者の権利を行使したい自分がいた。

わたしはわたしの直感を信じるだけ。

 

話を聞いて気持ちが楽な方に転がっていった。

無理なんてしなくていいと思った。

 

なぜ我慢などしなければならないのか‥‥。

 

 

縦と横と比較する

 

「多動力」では、歴史の深堀りと海外事例を調べることが教養であると書いていた。

 

「自分のアタマで考えよう」では、縦と横に比べることが重要と書いていた。

 

比較をすることは重要。

 

 

分散させる

 

一つの仕事だけに頼っていたら、その会社が潰れたら終わりだ。

一つのビジネスをしていて、失敗すれば終わりだ。

 

リスクを分散させる。

 

1箇所で20万円稼ぐより、4箇所で5万円を稼いでいく方が良さそうだ。

 

 

相談すると楽になる

 

やっぱり人は聞いてもらいたい生き物だ。

 

一声かけてもらっただけで頑張れたりする。

それほどコミュニケーションは必要なのかもしれない。

 

話を聞いてもらっただけで気持ちが楽になる。

 

話をして気持ちが固まる。

アドバイスをしてもらい、自分だけで考えた凝り固まった思考を俯瞰的に見る。

 

自分より専門の方に頼ったらいい。

 

人に頼ることは必要だ。

 

 

心が病んだら、話を聞いてもらう。

 

専門家にアドバイスをもらう。

 

話を聞いてもらえるところは意外とあるっぽいので、相談してみましょう。