陰キャラ王子の成長記

正社員になれない10の理由

正社員きつい‥‥。

 

ほとんどの人が、当たり前のようにしている正社員という働き方。

 

仕事と言えば、どういうイメージがありますか?

 

わたしのイメージは、

  • 友達と会って、仕事の愚痴を話す。
  • 「仕事辞めたい」とばかり言っている。
  • 過労で自殺する人がいる。

こんな感じですかね。

 

これで、みんなよく仕事を続けているなと思いますね。

当たり前を疑えと言われたら、真っ先に働くことを疑いますね。

 

 

正社員になれない10の理由

 

①週5日、8時間の労働

週5日、8時間の労働って働きすぎだろ。

こんなに労働してたら、自分の好きなことができない。

 

②残業

週5日、8時間の労働でも辛いのに、残業があるって終わってる。

時間を使えば解決するって思わないでよ。

質を重視してほしい。

 

③電車通勤

東京は悲惨でした。

就活のときに、駅員が満員電車の中に乗客を詰め込んでいるのを見たときは衝撃でした。

イライラしながら通勤して、8時間以上も働くなんて凄すぎます。

 

④スーツ

あんな暑苦しいスーツを毎日来ていくなんて凄すぎます。

スーツを着るのは、就活だけで充分です。

スーツを着る仕事に就いたら、アイロンがけやクリーニングなどストレスが溜まりそうです。

 

⑤人事異動

自分の好きなところに住めないなんて、ありえなくないか。

東京や故郷に住みたいのに、よく知らない地方に飛ばされるとか考えられないな。

 

⑥会社の商品を売る

自分を売る仕事なら分かるが、魅力的でないプロダクトを売るなんてしんどすぎる。

よく分からない会社の商品、必要ない保険の商品なんか売る羽目になったら、生きがいを見つけることができない。

 

⑦怒られる

なんで怒られながら仕事を続けないといけないのか。

怒られてもその道のプロになりたいって人ならいいけど、ほとんどいないでしょ。

好きなことをやって、客が付いてくるのが一番いい。

 

⑧結果が反映されない

仕事を早く終わらせることができる人には、さらに仕事が振られる。

テキパキ仕事をして定時で帰るより、ダラダラ仕事をして作業する人のほうが、給料が良くなる。

不条理ですね‥‥。

 

⑨通勤しないといけない

電車通勤じゃ無かったとしても、会社に通勤すること事態が面倒臭い。

好きな場所で好きなことをしていたい。

 

⑩働く時間が決まっている

働く時間ぐらい自分で決めたい。

もうフリーランスになりたいな。

 

 

インターネットがあって誰でもフリーランスになれる時代が来たから、もう我慢できない。

我慢はしない。好きなことをする!