陰キャラ王子の成長記

みんなと同じではいけない

同じようにする教育

 

子どもの頃から、みんなと同じようになる教育が施される。

 

学校では出来る子は見られない。出来ない子に手をかける。

www.incharaoji.com

 

普通の人間になることが学校のゴールだからかな……。

 

 

受験のために全教科まんべんなく勉強する。

 

運動会では順位をつけない。みんなでゴールする。

足の速さが全てじゃないのにね。

得意と苦手は個性。

自分の得意なことを伸ばせばいい。

 

同調圧力

抜きんでたら足を引っ張られる。出る杭は打たれる。

 

学校ではひたすら存在感を消していた。

目立ったらバカにされる。

 

みんなと同じように過ごせば、それでいい。

 

 

みんなと同じではいけない

 

今まではみんなと同じように物などを大量生産していればよかった。

だが、そのような単純作業はロボットに代替されるようになる。

 

これからは新しい価値を作らないといけない。

クリエイティブな発想をするには他の人と同じではいけないよね。

 

みんなと違うを育てないといけない。

オンリーワンになる。ブルーオーシャン戦略だ。

 

無理にニッチは探さない。

自分の好きに素直になって、好きなことを組み合わせていきたい。

 

 

 

みんなと違うが怖い

 

 

ストレングスファインダーで上位に調和性や共感性が出るような性格をしているので、みんなと違うことが怖い。

 

落合陽一さんは子どもの頃、他の子どもがドラゴンボールが好きだったときに、暴れん坊将軍が好きだった。

他の人と違って良いということを分からないといけない。

 

 

みんなと違う力を養う

 

みんなと違って良いと一つ一つ認めていきたい。

みんなと同じようにして辛いことはしなくていい。

 

・退職

みんなと同じように正社員として働かない。

縛られない方が自由に生きられる。

「社会貢献なんてしなくていいよ」、「逃げていいんだよ」

 

・結婚、子育て

結婚と子育ては人生を縛る。

自分の首を絞めてまですることではない。

「親とか国とか子どものためとかどうでもいい」、「他の人と比べなくていい」

 

・飲み会

飲み会には参加しない。

他の人とダラダラ話すより、一人の時間の方が好きだ。

「用事があると嘘を付いて参加しなくてもいい」

 

・社会貢献

社会貢献をすることより、自分を大切にしたい。

留年しまくっている先輩から宗教を進められたときは、まず自分のことを考えろよと思った。

「一番に自分を大切にすればいい」、「自分を優先する」

 

 

他の人の目線を気にしてたらいけないな。

人の目線はずっと気にしてしまうから……。

 

好きなことに夢中になっていれば、他の人なんて見えなくなるかな……。