陰キャラ王子の成長記

自己啓発セミナーで起こった奇跡

僕が就職活動をしていたとき、「教育業界」、「福祉業界」、「人材業界」など「人と深く関わる仕事」を軸に職を探していました。

 

 

人材教育の会社の説明会に行き、セミナーのことを知るようになりました。

 

 

無料の説明会では「ここで変わることが出来なければ、一生変わることが出来ない」、「いつまでも考えるばかりで、結局行動しない自分を変えたい」と自己啓発セミナーに参加することになりました。

 

 

その自己啓発セミナーでは、交通費なども含め7万円かかりましたが、そのときの自分が予想も出来なかった奇跡が起こることになります。

 

 

当時、東京には3歳頃に東京ディズニーランドに家族で行ったことがあると親から聞いていましたが、記憶がなく、初めて一人で東京に行くことになりました。

 

 

それと東京では5泊滞在します。

 

 

どうすればいいのか分からず、不安でした。

 

 

大阪から東京へ新幹線で行くのも初めて、カプセルホテルに泊まるのも初めて、終わってみると新幹線に乗って遠くに行くことも、カプセルホテルに泊まることも、全然たいしたことではないです。

 

 

最初は、「大阪から東京へ新幹線で行くのが不安」だったのが、これを機に、「東京で就職活動を1か月間する」、「東京で一人暮らしをする」とレベルアップすることが出来ました。

 

 

 

自己啓発セミナーでは先生たちも生徒たちもとても素晴らしかったです。

 

自分の思いをみんなに発表するという課題がありました。

みんなは自分の思いをさらけ出し、次々と課題を合格していきます。

僕は自意識過剰で人の目線が気になり、自分をさらけ出すことが出来ません。

 

 

そう思えば、僕は友だちと話すときは聞き役に徹します。

「自分のしょーもない話をしても友だちの時間の無駄。友だちの話を聞いて楽しんでもらったらいいや」と思っていました。

 

 

合格できていないのは50人中3人。最後の一回、ラストチャンスになりました。

 

「やっぱり俺って出来んやん…」

「お金払ってみんな来てるのに、合格してる人を待たせて時間を無駄にさせてるな」

 

 

うつむいて暗くなっている僕にみんなは声をかけてくれます。

 

 

「みんなまっちゃんの話が聞きたいんだ」

「みんなまっちゃんのことが知りたいんだよ」

 

 

 

僕は、みんなの気持ちに答えることができ、合格をすることができました。

 

すぐに心を閉ざす僕が、心をさらけ出せた満足感と不思議な感覚です。

 

自分でも終わったときに、これは合格だと思うぐらいにさらけ出すことが出来ました。

 

これはこんな僕を受け入れてくれたみんなのおかげでした。

 

「何を言ってもいいんだ」

「どんなしょーもないことを言っても受け入れてくれる」

受け入れてくれたみんなを信じることができて良かったです。

 

 

 

 

次は自分の思いを大切な人に聞いてもらうことになりました。

 

みんなは大切な人に連絡をとり、来てもらうことになっています。

 

 

僕は東京に友だちなんかいないので大阪から呼ぶことになりました。

 

僕は人に頼むことができない性格なので、仲のいい2人の友達に連絡をしました。

 

 

一人目の友達に連絡しました。

 

まっちゃん「東京でする発表に来てほしいんやけど…」

一人目の友達「明日、休みやけど、墓参り行くからなぁ。ごめん。」

 

 

二人目の友達に連絡をしました

 

まっちゃん「東京でする発表に来てほしいんやけど…やっぱいいわ来てもらうの申し訳ないし…」

二人目の友達「そうなん…」

 

電話しておきながら自信がなくなって、頼むことができませんでした。

 

 

自分でも無理なお願いをしていると思います。

明日に大阪から東京にきてほしいと言われても僕でも行かないと思います。

 

 

僕は途方に暮れましたが、親に電話をすることにしました。

 

まっちゃん「東京でする発表に来てほしいんやけど…」

母「あんた今何やってるん?」

 

「東京で自己啓発セミナーに参加する」なんて親には言っていません。

「東京行ってくる」とだけ言って出ていきました。

 

 

親とは適当に接していました。

 

 

もちろん断られてしまいましたが、もう一度電話をして、メールもしてしまいました。

 

 

親にはワガママを言うことが出来るんですね。

 

 

 

本番では、親が大阪から東京にかけつけてくれました。

 

 

本当に感謝ですね。

家族の素晴らしさに気づいてしまいました。

 

 

とても良い体験をすることが出来ました。