陰キャラ王子の成長記

何も言わなかったら嫌われないか?俺は嫌われている。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人に嫌われたくない

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

人に嫌われたくない。

 

皆さんも人に嫌われたくないという気持ちはあるのではないでしょうか?

 

 

嫌われるようなことは絶対に言わない!!

 

背が低い友だち「俺って身長低いかな…」

陰キャラ王子「低くないよ!肩幅広いし、高く見えるよ!」

 

 

先輩「お待たせ!」

先輩が車に乗ってきました。ドライブに連れていってくれるようです。

 

陰キャラ王子(心の中)「この車改造してるー。エンジンうるせぇ!人の迷惑や。改造代高いな。青く光るの何の意味があるねん。てか、タバコやめて。車乗ったら性格変わるんかい。愚痴ばっかやな。」

 

陰キャラ王子(現実)「かっこいいっすねー」

 

 

嫌われるかもしれないことも絶対に言わない!!

 

女性「こんにちは」

陰キャラ王子(心の中)「こんにちは。おいくつですか?あっ、女性に年齢聞いたらあかんわ!こんにちは。お住まいはどこですか?あっ、女性に住んでるとこ聞くなんて、気持ち悪いと思われる。ストーカーやと思われる。」

 

陰キャラ王子(現実)「こんにちは………」

 

はい、会話終了www

 

いや笑えないわ。

 

 

もう本当に何も言えなくなるよ。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

グループディスカッションの練習に参加

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

就職活動を乗り切るため、大学でグループディスカッションの練習がありました。

 

一般企業の人事20人が参加。

1グループに1人の人事が担当します。

 

なんという力の入れよう!

これはかなり緊張しますねぇ~

 

 

紙に書かれたグループの部屋を見つけ、中に入りました。

そして、全員が集まりました。

 

人事は横で何も言わず、見守っています。

 

僕は心の中で叫びます。心の中で…

「こういうときは自己紹介しないといけないんじゃない?」

 

そしたら奥の就活生が言いました。

「自己紹介しませんか?好きなおにぎりの具も言いましょう(キラッ)」

周りで苦笑が起きます。少し場が和みました。

自己紹介にアイスブレイクもぶち込んできました。

 

 

そして、グループディスカッションが始まりました。

就活生A「○○だから、僕はこう思います。」

就活生B「○○だから、A君の意見に賛成です。」

就活生C「私はそうは思いません。○○だと思います。」

 

えっ僕?僕はひたすら聞き役に徹していました。

人の反対意見なんて絶対に言えません。

意見を促されたら、「僕もこう思います」と答えました。

でも、ひたすらうなずいてましたよ!!

 

 

人事からのフィードバックです。

就活生A「しゃべりすぎ。人の話も聞きましょう。不合格!」

就活生B「人の意見を深く聞くのが上手いですね。合格!」

就活生C「もう少し意見を言ったら良かったです。不合格!」

 

陰キャラ王子「評価できません。」

 

 

自分をさらけ出さないと合格とも不合格とも言われません。

 

 

それは今までの恋愛と似ています。

 

好きな人に好きと言わない。しゃべりかけない。何もしない。

 

好きな人は僕のことを嫌いにならない。でも、好きにもならない。

 

好きな人は僕のことを分からない。「評価できません。」

 

 

「嫌われる」のも嫌だけど、分からない人=「どうでもいい人」も辛いものですね…

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

何も言わなくても嫌われる

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

皆さんは何も言わなければ、どうでもいい人になるかもしれないけど、「嫌われはしない」と思うでしょうか?

 

それは僕の経験上、間違いです!

 

そう、僕が嫌われているからです!

 

 

僕は中学生の頃は、目立たない組。

いわゆる2軍で学校生活を生き抜いてきました。

 

我ら2軍にはツートップのリーダーがいました。

彼らは、面白い話をしてくれました。

 

僕もツートップから「このお題でギャグやって!」とかムチャぶりをされ、

思いついたことをやったら、ギャグをやるタイプでないので、笑ってくれました。

地味に面白いというポジションに入ることが出来ました。

 

それなりに楽しく過ごしました。

でも、高校が別になり、疎遠になっていきました。

 

 

大学生になり、久しぶりに2軍のリーダー、部活の友達2人、僕で食事に行くことになりました。

 

僕は久しぶりに会って、緊張して、いつも通りあまり話せずにいました。

 

少し時間が立って、2軍のリーダーに話しかけました。

 

陰キャラ王子「これおいしいで。いる?」

2軍のリーダー「いらん」

 

2軍のリーダーはクールになってしまったのでしょうか?

片目を髪で隠して、イメチェンをしています。

 

そうではありません。

部活の友達とは普通に話しています。

僕には何も話してくれませんでした。

 

 

僕は以前、部活の友達の家で2軍のリーダーが出ている高校の学園祭のビデオを見せてもらいました。

 

そこに写っていたのは、全校生徒の前で、朝礼台の上で、友達2人とperfumeのチョコレートディスコをキレキレに踊る2軍のリーダー!

 

そのあとは、ハリセンで叩きあっていました。

 

2軍のリーダーは高校デビューに成功したようでした。

 

 

その学園祭のビデオを見ていた僕は、2軍のリーダーから、

「俺は頑張った。勇気を出して面白いことをやった。」

「それなのにお前は何も変わってないな。昔のまま努力もせずにコミュ症のままか。」

そう言われている気分でした。

 

 

何も言わなくても嫌われる。分かっていただけたでしょうか?

 

話すのは恥ずかしいですが、さらけ出せたら楽しいと思います。

 

一緒に頑張りましょう!

 

僕も頑張ります。まずはブログから!